• Home
  • 新着情報
  • 新聞のニュース記事を活用し、 小学生から学力育成をサポートする 「時事・記述・作文ゼミ」

新聞のニュース記事を活用し、 小学生から学力育成をサポートする 「時事・記述・作文ゼミ」

2017-10-02

今年5月、大学入学共通テスト(仮称)の実施方針案と問題例が、文科省から公表された。それによると、国語においても記述式問題が出題され、思考力や表現力が問われる入試へと変わることになる。

提示された記述式問題イメージ例では、公立図書館に関する1400字程度の新聞記事を読み、「今後の公立図書館の在るべき姿について、あなたはどのように考えるか」を書かせる問題が提示されている。
「時事・記述・作文ゼミ」は、雑誌『プレジデントfamily』が『読売KODOMO新聞』のニュース記事を使って、小学生の段階から、これから求められる学力の育成をサポートする学習支援サービスだ。単なる作文添削ではなく、新聞のニュース記事を活用することで、世の中の出来事に対する関心を高め(時事力)、語彙力を増やし、論理的な思考力を育成し、結果的に自分の意見を書く(作文力)ことを習慣化させる全く新しい教材だ。

●ゼミ概要

①新聞の時事ネタが題材! 毎週木曜日、新聞が手元に。

受講生分の『読売KODOMO新聞』が塾に配達される。毎週のニュース記事の中から、題材が指定される。
主にタイムリーな時事記事が指定されるので、必然的に時事力を養うことができる。

②受講生のやる気を引き出す! 解説映像つき

読売新聞の記者によるニュース記事の解説映像が会員サイト上にアップされる。受講生は指定記事に対してより理解を深めることができる。

③学力差にも対応! 段階別カリキュラム

様々な受講生に対応した「学習シート」を毎週オンライン上で提供。学習シートの活用により、調べ学習・内容確認・要約・自由作文に取り組むことができる。

④多様な活用法! アクティブ・ラーニングにも、個別指導にも

小学生には少し難しく感じる時事ネタだが、分からない語彙の調べ学習をしたり、受講生同士で意見を述べ合ったりしながら学習シートに書き込んでいくことで、塾内アクティブ・ラーニングの教材としても有効。

⑤プロがサポート! 作文添削も万全の対応

学習シートと作文添削は、公立中高一貫校・私立中学受験対策テストの運営や教材作成で実績のある教材会社が提供し。課題作文のテーマは、1カ月間の指定記事及びその他の記事を題材に、与えられた課題に対し、自分の意見を書く作文。月1回提出し、添削後に返却される(作文添削はオプション扱い)。

「プレジデント」「読売」のブランドを生かしたメリットもある。
雑誌『プレジデントfamily』『読売KODOMO新聞』のロゴの入った「時事・記述・作文ゼミ」のロゴを各塾の広告媒体で利用できる。

また、『プレジデントfamily』では毎号、「時事・記述・作文ゼミ」に関連した特集記事を掲載。その前後のページで、導入塾名を記載したページを用意する。
そのほか、各種ウェブサイトでの紹介も行う。

さらに、プレジデントファミリー公認サイト「プレジデントFamily Club」内の「時事・記述・作文ゼミ」保護者向けPRサイトでの紹介、プレジデント社関連サイト、読売新聞社関連サイトでの誘導バナーの掲出等、各種ウェブサイトでも、導入塾をご紹介する。
詳しくは、下記をご覧ください。

「時事・記述・作文ゼミお問い合わせ」
「時事・記述・作文ゼミ」運営受託:ギガビジョン株式会社
〒102-0085 東京都千代田区六番町3-4
TEL:03-6261-6495
https://kijutsusemi.jp/
info@giga-vision.com

2017_10_p4647_qr

ベネッセコーポレーション こども英語教室


PICK UP


塾ナビ

家庭教師

中国語資格HSK 中国政府公認・世界共通規準

チェック表ダウンロード

チェック表ダウンロード

塾と教育 twitter


塾と教育

株式会社 塾と教育社
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-8 東京中央ビル310
Copyright © Juku To Kyoiku Sha. ALL Rights reserved.