• Home
  • 新着情報
  • (株)FCEエデュケーション 英語でプログラミングを学ぶ「Wonder Code」

(株)FCEエデュケーション 英語でプログラミングを学ぶ「Wonder Code」

2021-07-01

英語×プログラミングで子どもたちの未来の可能性を広げたい

2021_7_p47_logo

英語×プログラミングは、保護者のニーズが非常に高い

FCE エデュケーション  尾上幸裕 代表

FCE エデュケーション 
尾上幸裕 代表

英語でプログラミングを学ぶ「Wonder Code」は当初2020年にリリースする予定だったが、新型コロナが拡大し、緊急事態宣言などもあったため、今年5月下旬のリリースとなったという。
「英語もプログラミングも21世紀型スキルとして重要なのは多くの塾の先生方はすでにご存じだと思いますが、いまやプログラミング教室は巷にあふれているのが現状です。後発で参入して勝機があるのか疑問をもっていました。一方で、英語との組み合わせではビジネスチャンスもあるし、保護者のニーズもあるのではないかと考えるようになりました」と尾上氏は語る。
そのきっかけとなったのは、子どもたちの習い事市場だ。特に首都圏では習い事もどんどん多様化する中で、英会話スクールとプログラミング教室への保護者の関心は非常に高くなっているという。
「だったら、もともとプログラミングは英語で学ぶものなので、セットにして教えれば、学習効果を高めながら時間効率もいいものになるのではないかという考えに至ったわけです」(尾上氏)
FCEエデュケーションは都内でインターナショナルスクールの運営も行っているが、そこでトライアルという形で夏限定の講座として「Wonder Code」を開講したことがあるという。
「当スクールの保護者にアナウンスすると、なんと1時間で埋まりました。これはニーズがあるということで、本格的に始めることにしました」

Dashロボットを使った最先端の授業カリキュラム

[右] FCE エデュケーション グローバルアカデミー事業部 松本真実 事業部長 [左] FCE エデュケーション グローバルアカデミー事業部 Ogden Bryan プログラム開発責任者

[右] FCE エデュケーション
グローバルアカデミー事業部
松本真実 事業部長
[左] FCE エデュケーション
グローバルアカデミー事業部
Ogden Bryan プログラム開発責任者

「Wonder Code」はICTにおいて世界最先端のシリコンバレーで生まれたWonder Workshop社のDashロボットを使った教育プログラム。Dashロボットは世界2万5000以上の学校で活用され、2015年から始まった世界大会では90カ国以上から約9万人以上の子どもたちが参加している。
「提携先であるThe Education Group(EDCG)は、2013年に香港で設立された大手教育プラットフォームで、韓国最大級の私立教育会社であるEDC(The Education)と、アジア太平洋地域の子どもたち(K-12)向けにSTREAM教育に基づいた『英語×プログラミング』カリキュラムを提供するWonder Codeを運営しています。当社はWonder Codeの日本における独占ライセンスを取得しました」と尾上氏は言う。
「Wonder Code」は原則としてオールイングリッシュで行うことになっているが、ネイティブの先生と日本人のバイリンガルの先生がいて、その両者を分けて料金体系なども設定しているという。
「日本語がいっさい通じないことに抵抗感を示す保護者もいらっしゃると思いますので、2種の先生に分けた展開をしていって、オールイングリッシュのプログラミングでのブランディングが進んだあとに、日本語のクラスを開講していくつもりです。」(尾上氏)

幼児・低学年の新たなコースとして、そして将来は塾生に

「Wonder Code」はDash ロボットを使うのが大きな特長であると同時に、子どもたちには大きな魅力

「Wonder Code」はDash ロボットを使うのが大きな特長であると同時に、子どもたちには大きな魅力

具体的に塾での授業はどのように行われるのかというと、1クラスの人数は最大8名で、60分授業か90分授業のいずれかで実施されるとのこと。
60分授業の場合、まず英語を60分学び、次の授業では学んだ英語を使ってプログラミングを60分学習する。次の授業はまた英語……と、交互に繰り返すことによって、英語力もプログラミング力も上達していく。90分授業は、時間内に英語もプログラミングも両方学習する。
もちろん最初は英語力がなくても心配ない。
「最初は〝Go〟というアプリを使って基本操作を学びますが、文字はまったく出てきません。ビジュアルで子どもたちが理解できるように工夫され、Dashロボットを動かすことができるようになっています。ですからその段階で、Dashロボットが欲しいと保護者にねだるお子さんも多いですね」と嬉しそうに語るのは松本氏。
最初は基本概念を学び、「コーディングのメソッドは?」「ロジックは?」という質問に答えることができるようになり、問題解決力や論理的思考力を育んでいく。
次のレベルでは、基本理念に加えて、「ifthen」「if else」といった関数や変数を学ぶ。また、それらを使用して簡単なプログラムを構築することにより、コーディングへのさらなる理解を深めることができる。
発展レベルでは、ネスト(※プログラミング構成要素の中にさらに構成要素が入っていること。また、そのようなもの。入れ子)された関数と変数でより複雑なプログラムを構築することにチャレンジする。
最後は、これまでの学習の総まとめ。カリキュラムを通じて習得した知識を応用し、複雑で高度なプログラムを駆使し、Dashに創造力と革新性に富んだタスクを実行させる。

2021_7_p47_Dash

また、単元ごとに取り組むチームミッションを通して、コミュニケーションやコラボレーションの力も育まれるという。
「英語もプログラミングも人気の習い事なので、新規生の獲得や既存生の売上げアップにつながることとは思いますが、すでにプログラミング教室や英会話スクールを運営している塾は一層導入しやすいと思います」と尾上氏は語る。
もちろんプログラミングの知識がなくてもマスタートレーナーのOgden Bryan氏による研修が充実しているので心配はないし、開講後も600以上の学習塾のコンサルタント実績のある本部が幅広くサポートしてくれるという。
「Wonder Codeについてさらに詳細を知りたい方は、お気軽にWEB説明会にご参加ください。カリキュラムや授業内容の詳細、ワンダーコードの授業体験ができるほか、収支モデルを知ることができます」。

Wonder Code WEB説明会日程
・7月4日(日)10:00-11:30
・7月6日(火)10:00-11:30
・7月11日(日)14:00-15:30
・7月15 日(木)10:00-11:30
・7月18 日(日)10:00-11:30

お問い合わせ
株式会社 FCEエデュケーション
本社:東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NS ビル10F
TEL:03-5908-1400(代表)/平日9:00~17:30
URL:https://wondercode-fc.jp/


ウイングネット


PICK UP


河合塾One

東京保健医療専門職大学

琉球リハビリテーション学院

麗澤中学・高等学校

麗澤瑞浪中学・高等学校

つくば開成学園

FREEMIND空カンパニー

コンパス

塾シル!

レキシとコトバの先生

塾ナビ

家庭教師

中国語資格HSK 中国政府公認・世界共通規準

塾と教育 twitter


塾と教育

株式会社 塾と教育社
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-8 東京中央ビル310
Copyright © Juku To Kyoiku Sha. ALL Rights reserved.