• Home
  • 新着情報
  • 学校法人 大彦学園 開志国際高等学校
    「医学科進学コース」「国際進学コース」「国際アスリートコース」「アスリートコース」の特化したコースを設け、グローバル教育・リーダー教育・キャリア教育を実践

学校法人 大彦学園 開志国際高等学校
「医学科進学コース」「国際進学コース」「国際アスリートコース」「アスリートコース」の特化したコースを設け、グローバル教育・リーダー教育・キャリア教育を実践

2020-09-01
自然に恵まれたキャンパス

自然に恵まれたキャンパス

NSGグループ(池田祥護代表、新潟県新潟市)の開志国際高等学校(関久志校長、新潟県胎内市)は、「医学科進学コース」「国際進学コース」「国際アスリートコース」「アスリートコース」の特化したコースを設置し、2014年に新潟県の私立高校として30 年ぶりに開校された。グローバル、リーダー、キャリアの3つの教育方針のもと、これからの時代に必要とされる能力を育成し、生徒一人ひとりの可能性を広げる指導を実践している。同校の特色などについて、関久志校長と伊藤和真副校長に話を聞いた。

新しい持続可能な成長を目指すNSGグループ

NSGグループの始まりは、1976年に創業者であり会長の池田弘氏が古町愛宕神社の境内の一角に校舎を設け、学習塾や資格取得講座など4部門からなる小さな民間教育機関としてスタートさせたことだった。今では教育分野にとどまらず医療・福祉・介護事業や健康・スポーツ事業、さらには商社、ホテル業、アパレル業、不動産業、飲食業、人材サービス業など幅広い分野で事業を展開している。
「学校教育事業では、大学が4つと全日制の開志国際高等学校と通信制高校があり、専門学校は約40校です。医療・福祉系にも力を入れていて、病院は4つあります」と語る伊藤副校長。
NSGグループが目指す「New Sustainable Growth(新しい持続可能な成長を)」とは、地域を活性化し、豊かさと幸せを感じられるまちにする事業の創造による成長であり、地球全体の課題解決に資する事業の創造による成長でもあるという。
新たな事業の立ち上げを目指す起業家の育成やその支援を通じて地域活性化にも取り組んでいるが、その一つが「異業種交流会501」という団体。
「池田弘会長が渋沢栄一を尊敬し、渋沢栄一が500社つくったのであれば、グループとして501社つくろうということで、『異業種交流会501』を立ち上げました。起業家精神を非常に重視し、若手でやる気のある人に代表をさせて様々な事業展開をすることにも力を入れています」(伊藤副校長)
「事業創造大学院大学」は、起業家・実業家の育成を目指す専門職大学院。「私も7年前にそこを卒業しました」と、伊藤副校長は笑いながら言う。

年々実績を上げている学業とスポーツ

新しい寮の部屋

新しい寮の部屋

開志国際高等学校は、NSGグループの1法人の学校として2014年に開校された。全日制の普通高校で男女共学だ。
「これまでの普通高校にはない、全く新しい〝医学科進学コース〟〝国際進学コース〟〝国際アスリートコース〟〝アスリートコース〟の特化したコースを設定して特色ある教育活動を展開してきました。おかげさまで開校7年目を迎えることができ、保護者や地域からのご支援もあり、学業、スポーツともに、年々実績を上げています」と関久志校長は嬉しそうに述べる。
寮が完備されているので、北海道から沖縄まで全国から生徒は集まってくる。新潟県内が42%、県外が43%、国外が15%で、全体で約450名がここで学んでいる。そのうち8割が寮生だ。海外からは約10カ国から入学していて、男女比は7対3で男子の方が多いという。
「受験対策では東進衛星予備校を導入してサポートしてもらっています。全国でも学校で東進を導入しているのはうちだけですが、無理を承知でお願いしました。河合塾の先生にも授業に入っていただき、質の高い教育を行っています」(伊藤副校長)

グローバル教育・リーダー教育・キャリア教育

国際進学コースの英語の授業。 全コースで英語には力を入れている

国際進学コースの英語の授業。
全コースで英語には力を入れている

教育の3つの柱は、グローバル教育・リーダー教育・キャリア教育。グローバル教育では、英語の習得や異文化の知識はもちろんだが、同校では日常的に留学生とともに生活し、コミュニケーションをとっているのが大きな特徴。
「リーダー教育では、年に5回ほど起業家などに講演してもらっていますが、2年前からは後半にワークショップを加えています。学年、クラス、男女の壁を取り払い、留学生も加えてディスカッションをしています。アスリートコースで英語が得意でない生徒も、自分なりに工夫しながらコミュニケーションをとっています」キャリア教育では、進学だけが目標ではなく、その先の目標を目指す前向きな思考を育成する。
「東進衛星予備校を活用するなど、受験対策も万全に行っています。NSGグループには4つの病院があるので、医学進学コースの生徒たちは医療の現場も見学に行きます。またアスリートコースは部活別にスクールトレーナーを配置し、ケガの予防からリハビリまでトータルでサポートします。グループのメリットを活かしプロチームや大学とも連携しています。例えば陸上部はアルビレックスランニングチームのコーチから直接指導を受けています」

生徒の夢や目標の実現に向けて、教職員が全力でサポート

ICT教育も充実している

ICT教育も充実している

「医学科進学コース」は、医学部医学科、国公立・難関私大を目指す。少数精鋭の生徒に、熟練の講師陣がきめ細やかなサポートを行い合格へと導いていく。
「国際進学コース」(旧国際コース グローバル専攻)は、国内難関大学進学や海外大学進学を目指す。ネイティブ教員や留学生との交流で「生きた英語」「使える英語」を身に付けるとともに、国内難関大学への受験対策も徹底して行っている。また、ICT環境でのSTEAM教育も推進。PC上での課題作成・提出の完了や、課題をアップロードし生徒間で共有・協働し、プレゼンテーションなどを行う。
「国際アスリートコース」(旧国際コース 国際アスリート専攻)は、国内大学進学や海外大学進学、アスリートとしてプロリーグ入団を目指す。大学入試を見据えて英語を中心に学力を向上させることとアスリートとしての競技力向上を高いレベルで両立させ、多様な進路に対応。
「アスリートコース」は、日本そして世界で活躍するアスリートを目指す。バスケットボール・陸上競技・ゴルフ・硬式テニス・卓球・スノーボード・スケートボード・柔道・サッカー・バドミントン・ラグビー・アメリカンフットボールの12競技の部活があり、すべてが全国を目指せるレベルを誇っている。

インターハイで優勝した男子バスケットボール部

インターハイで優勝した男子バスケットボール部

「男子バスケットボール部は創部5年目にして日本一を獲得しました。国内で最短の実績です。柔道も男女で県内ではアベック優勝するなどしていますが、全国そして世界のカベはまだまだ厚いので、今後もさらに強化していきたいと考えています」(伊藤副校長)
同校では特化したコースを設けているだけに、将来の夢や目標を明確に持ち、その実現に向かってたゆまぬ努力を惜しまない生徒が多く集まっている。
「本校では〝夢・挑戦・感動〟を合い言葉にしています。自分の大切な夢の実現に向けて仲間とともに挑戦したいと思う人に入学していただきたいですね。全教職員が一丸となって可能性を最大限に伸ばし、全力でサポートいたします」と、関校長は力強く語ってくれた。

■学校説明会■

●東京会場
【日程】9/5(土) 10/3(土) 11/14(土) 12/5(土) 2/20(土) 3/13(土)
【時間】14:00~15:30(受付13:30~)
【会場】イオンコンパス東京八重洲
◯11/ 14(土)は「寮のある学校合同相談会」も実施。詳細は学校HPにて公開
◯Web 参加による説明会も実施中

●横浜会場:寮のある学校合同説明会
【日程】11/13(金)
【時間】13:00~17:30(受付12:30~)
◯詳細は学校HPにて公開

■オープンスクール■
【日程】9/12(土) 9/26(土) 10/17(土) 11/7(土)
【時間】11:00~16:00(受付10:30~)
【会場】開志国際高等学校 校舎
【持ち物】うち履きまたはスリッパ、昼食
◯オープンスクール当日は、JR 新潟駅・JR中条駅と開志国際高等学校間でバスを運行(無料)。
車の場合は校舎敷地に駐車可能。
◯各回40組まで
◯部活動体験練習会も随時受付

校法人大彦学園 開志国際高等学校
〒959-2637 新潟県胎内市長橋上439-1
TEL .0254-44-3330
http://kaishi-kokusai.ed.jp/


東進ハイスクール


PICK UP


FREEMIND空カンパニー

コンパス

塾シル!

レキシとコトバの先生

塾ナビ

家庭教師

中国語資格HSK 中国政府公認・世界共通規準

塾と教育 twitter


塾と教育

株式会社 塾と教育社
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-8 東京中央ビル310
Copyright © Juku To Kyoiku Sha. ALL Rights reserved.