• Home
  • 新着情報
  • 独自の速読法『ブレインブースト』によって様々な能力が劇的に開花

独自の速読法『ブレインブースト』によって様々な能力が劇的に開花

2019-08-01

一般社団法人 ブレインブースト多読精読協会(東京都世田谷区)
長井 邦良 代表理事

進学塾「飛翔学舎」を運営する長井邦良氏は2012年よりブレインブーストを広め始め、さらに2017年3月に一般社団法人ブレインブースト多読精読協会を立ち上げ、塾運営の傍らその独自の速読法の普及に努めている。
現在ブレインブーストを導入したのは全国92塾111教室のほか、英語専門6教室、中高一貫校3校にものぼる。
急速に普及しているそのブレインブーストについて、長井邦良代表理事に話を伺った。

読書スピードだけでなく、感性・直感力・想像力を育成

長井邦良 代表理事

長井邦良 代表理事

ひとことで言うと、ブレインブーストとは、読書を通したトレーニングにより右脳を活性化させる能力開発のこと。右脳を活性化させることで、本来、人が持つ機能を最大限引き出し、読書スピードの上昇だけでなく、感性・直感力・想像力を育み、さらには、運動面や芸術面など右脳に関係する能力の向上が期待されているという(大阪府泉大津市のウェブサイトより)。
よく言われるように、右脳はイメージ力や記憶力、想像力やひらめきを司る脳。視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の五感に関係し、感情をコントロールしている。音や色の違いを認識したり、物事に感動したりするのも右脳の働きによるものだ。右脳は情報をイメージとして認識し整理している。
一方、左脳は言語や計算力、論理的思考を司る脳。情報を知識として認識し整理する役割を果たしている。
右脳と左脳の違いは、記憶の容量。右脳も左脳も物事を整理して記憶しているが、イメージで記憶することで左脳の数千倍もの情報が処理できると言われている。

ブレインブースト導入塾から届く驚きの効果の声

1分あたりの可読文字数(例)

1分あたりの可読文字数(例)

ブレインブーストは、独自システムを使用したプログラムにより、受講生の脳を覚醒させるという。
「フラッシュを使って、PCの画面に逆さになって出てくる文字を次々と元に戻していきます。その負荷は一人ひとりに応じて調整していきます。一定の時間に最初は1行で4つできたのが、5つ、6つとできるようになって、そのトレーニングを続けると驚くほど読むスピードが速くなっていきます。私の塾の生徒で一番速く読む子は、あの『ハリー・ポッター』をわずか10秒で全部読んでしまいます。もちろん物語の内容はすべて理解し、記憶しています」

にわかには信じがたいことだが、すでにブレインブーストを導入している塾には好評価を得ている。
「幹部社員を連れて大阪まで見学にまいりました。そこで見た光景は今でも鮮明に覚えています。信じられないスピードで本を次から次へと読破していく学生たち。3分で読んだ本のあらすじを30分かけて書き出した小4の女の子。300ページはある小説をパラパラと数秒間めくっただけで正確に読んでいる高校生。すべてが驚きの連続でした。これは本物の速読だと実感し、同行した幹部とすぐに導入を決めました。現在、約20教室でブレインブーストを展開していますが、ゆくゆくは全教室へ展開する予定です」(野田塾/愛知県)

「最初の1班は、中3の4名でスタート。長井先生の指導のもと円滑に講座は進みました。初回の講座で飛躍的に成績が伸びました。1人は1分間に3万7000文字、あとの3人は3000~4000文字。それ以降の生徒たちも速読ができている実感が湧いており、楽しそうにブレインブーストに取り組んでいる姿が今でも印象に残っております。ブレインブーストを始めてよかったと思っております」(碩ゼミナール/徳島県)

2019_8_p41_pc

「英語力の保持、育成には読書が不可欠で、日本語の本から入って読書習慣を定着させ、英語の本の多読にもつなげられたらと思い、導入いたしました。すると驚いたことに数カ月で日本語の本を速読できるようになった子どもたちは、英語の本も同じように1冊数分間で読めるようになっていくではありませんか。ブレインブーストは日本語、英語に関わらず有効であることがわかりました。次年度からは全校で導入し、すべての生徒の英語習慣の基本として位置づけていく予定です」(EFFECT International School /東京都)

「ブレインブーストを指導していますと、読書力成果だけでなく、初回から子どもたちの変化が見られました。塾での算数や国語に対する意識が変わりました。子どもから出る言葉は、すべてプラス思考の言葉です。その良い波動が教室中に広がり、まだトレーニングしていない、順番を待っている子どもたちにまで広がっています。教室にいる幼児さんまで、教室図書室の絵本を読んだり、借りたりするようになりました」(with kids /大阪府)

「ブレインブーストを導入して3年以上が経過し、受講生の成果も素晴らしいものとなっております。当アカデミーでは小学生を中心に通っていただいていますが、中学受験だけでなく非受験の生徒たちにも学校の授業の理解度や完全理解までのスピードが飛躍的に伸びたと、保護者からも好評を得ています。最近では全日本レベルでの成果も出ており、全国の中学2年の中から40名だけが選ばれ、ノーベル賞受賞者や宇宙飛行士、文科大臣との交流を図る創造の育成塾に参加する生徒や、四谷大塚の全国統一小学生テストにおいて全国大会に出場する生徒なども出てくるようになりました。
私どものアカデミーでは独自のカリキュラム【育脳トレーニング】で受講いただいておりますが、それぞれの導入塾がもつ独自のカリキュラムとジョイントさせることにより、さらなる成果が出せるのではないでしょうか」(芽育学院・ルートアカデミー/奈良県)

ビジネスパーソン、スポーツ選手など、大人にも有効

ブレインブーストは子どもたちだけでなく、ビジネスパーソン、企業経営者、スポーツ選手、音楽家など、大人で実践している人も多い。
「ゾーンを頭の中につくって、おそらくですが、45~50ヘルツになると、物事の動きがスローモーションのようにゆっくり流れ、一瞬にして全てが見えてきます。よく死に際にそのように見えると言われますが、普通に生きているときでもそのように物事を見ることは可能です」と長井代表は言う。
「100メートル走を24秒で走っていた生徒がブレインブーストを実践して3カ月後には16秒になりました。サッカーをやっている人は、対戦相手と味方の動きを瞬時に察知できるようになります」
学習面だけではなく、スポーツやアート、ビジネスにもその効果を発揮し、実感できるというブレインブースト。興味のある方はまずは自ら取り組んでみて、その効果を確かめてみるのもいいかもしれない。

お問い合わせ先
一般社団法人 ブレインブースト多読精読協会
TEL.03-6411-5105
URL:http://brainboost.or.jp/school/
Mail:support@brainboost.or.jp


ベネッセコーポレーション こども英語教室


PICK UP


FREEMIND空カンパニー

コンパス

塾シル!

レキシとコトバの先生

塾ナビ

家庭教師

中国語資格HSK 中国政府公認・世界共通規準

塾と教育 twitter


塾と教育

株式会社 塾と教育社
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-8 東京中央ビル310
Copyright © Juku To Kyoiku Sha. ALL Rights reserved.