コンテンツ
データで見る保護者の意識

首都圏版

保護者はどのように塾選びをしているのか。教室運営をする人にとっては当たり前の関心事であり、最大のテーマでもある。地域特性や塾の規模など、さまざまな背景があるかと思うが、集客という目線では、データという数字の根拠を知ることは重要な要素といえる。学習塾に我が子を通わせた経験がある首都圏の母親に対して、本誌オリジナルの意識調査を行った。春期講習をはじめ、新しい顧客獲得のためにぜひ、参考にしていただきたい。

地域
東京・神奈川・千葉・埼玉
対象者
小学4年生~中学1年生の子どもを学習塾に通わせている、もしくは通わせていた経験のある母親。
子どもの性別はほぼ5:5
サンプル数
600(ウォール二クス調べ)

あなたのお子さんが進学する中学校の第一志望校はどこですか

家庭環境が大きな理由か
年代の若い保護者では、公立校に通わせる割合が高く、年代が高くなってくるにつれ、私立校受験への割合が多くなってきている。年代による教育への見識の違いや、経済的な理由などが関連していると推測できる。若い年代では塾に対して「補習」のニーズの方が高いとも言える。また、東京では公立中高一貫校への進学意識が高いのも特徴。教室近辺の保護者の年代を把握していれば、集客へのヒントに結びつくかもしれない。

あなたのお子さんが通っている(通っていた)学習塾を何で知りましたか

"知るきっかけ"は口コミとチラシ
チラシでの認知がいまだに根強いが、2位と3位は「口コミ」のため、トータルでは「口コミ」の方が認知力としては高い。

学習塾を決める際に、必要な情報を何を通じて検討しましたか

"検討"時には様々な方法で情報収集
全体としては、やはりコミュニケーションの中(口コミ)から情報収集していることがわかる。30代は他の年代に比べて、インターネットを活用している傾向にある。

学習塾を決定する上で何を重要視しましたか

年代によって優先順位が異なる
30代は「月謝の金額」、40代は「自宅からの距離」、50代は「カリキュラム」が1位。地域別では埼玉で、「先生や塾長」のパーセンテージが高いのが特筆するべき点である。

お子さんを学習塾に通わせるにあたり、あなたのご家庭では
最終的に誰の意見を最も重視して判断・決定します(しました)か

圧倒的に母親の意見を重視
千葉では特に母親の影響が高いようだ。年代別では年代が高くなるにつれ、子ども本人の意見を尊重している傾向にある。
データ集計
~根拠あるクリエイティブを~ 株式会社ウォール二クス http://www.walnix.co.jp

ベネッセコーポレーション こども英語教室


PICK UP


コンパス

塾シル!

レキシとコトバの先生

塾ナビ

家庭教師

中国語資格HSK 中国政府公認・世界共通規準

塾と教育 twitter


塾と教育

株式会社 塾と教育社
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-8 東京中央ビル310
Copyright © Juku To Kyoiku Sha. ALL Rights reserved.